離婚をした時、妻の戸籍については、新しく作る方法と、親の戸籍に戻る方法があります。選択できます。

お互いの意見を尊重する調停離婚
PAGE LISTお互いの意見を尊重する調停離婚

離婚をした時妻の戸籍はどうなるか

事実婚と言われる言葉があります。実際は婚姻関係があるように一緒に暮らしていて、子供なども設けていることがあります。しかし、婚姻届を出していない状態です。法律上は婚姻関係が認められていない状態ですが、婚姻関係があるとみなされることはあります。ただし、子供などがいる場合には、きちんと戸籍を新しくしたほうが良いのでしょう。財産などは遺言で行うことができるとされますが、それ以外では、戸籍などが優先される事があります。

事実離婚と呼ばれる状態があるかどうかはありません。これは別居状態のことになるんでしょうか。届けは出していないけども、婚姻関係が破綻している状態です。いろいろな事情を考慮して、そのまま戸籍を残している状態です。この方が都合が良いこともあるのかもしれません。しかし、通常は届けを出して、妻のほうが籍から抜ける処理を行います。抜けた妻の籍はどこに行くのでしょうか。新たに籍が作られるのか、別のことになるかです。

方法は、新しい戸籍を作る方法と、結婚する前の親の戸籍に戻る方法があるとされます。どちらにするかは選ぶことができます。親の籍に戻る場合には、当然本籍地は親の本籍の住所になります。田舎などだと大変でしょう。新しい戸籍を作るときは、自由に好きなところに作ることができます。今住んでいるところでなくても良く、皇居を戸籍にすることもできるとされます。東京に住んでいる人であれば、手続きが簡単なことからそうしている人が多いです。

管理人のオススメサイトをご紹介します

Copyright 2017 お互いの意見を尊重する調停離婚 All Rights Reserved.