離婚においては、婚姻時の姓を名乗ることができます。3箇月以内に届けを出せばそのまま名乗れます。

お互いの意見を尊重する調停離婚
PAGE LISTお互いの意見を尊重する調停離婚

離婚において婚姻時の姓を名乗る

苗字が変わる機会としては、結婚をする時でしょう。多くは女性のほうが変わるのですが、必ずしも男性の姓を名乗らないといけないわけではありません。好きな方を名乗ることができるようになっています。その他、養子縁組においても変わることがあります。また、元々婚姻していた人が、婚姻関係を解消したことによって変わることがあります。この場合、本人だけでなく、子供も変わることがあります。子供は何もしなくても変わることがあります。

離婚においては、女性の場合戸籍から抜けます。その時には、新しい戸籍を作るか、親の戸籍に戻るかがあります。どちらを選択するにしても、姓の方は以前のものに戻すことになります。仕事などの関係で結婚しても元の名前を名乗ることがありますが、それに関しては自由でしょう。結婚したあとの名前のほうが浸透しているのであれば、戸籍上の名前が変わったとしても名乗ることはできると思います。ただし、説明が難しくなることもあります。

もし戸籍上も婚姻時の名前をそのまま使いたいのであれば、戸籍法77条の2の届け出を行うとそのまま名乗ることができるとされます。こちらの届け出は、婚姻を解消する届けを出したあと3箇月以内であれば行うことができます。こちらは比較的簡単なのですが、この届けを出したあとにやはり旧姓に戻すとなると簡単ではありません。裁判所の許可をもらわないといけないのです。どちらにするかをしっかり考えて行う必要があります。

管理人のオススメサイトをご紹介します

Copyright 2017 お互いの意見を尊重する調停離婚 All Rights Reserved.