親が離婚をしたとき、母と子供の姓が別々になりました。子は15歳になれば自分で入籍届で母の戸籍に入れます。

お互いの意見を尊重する調停離婚
PAGE LISTお互いの意見を尊重する調停離婚

親が離婚をして母と姓が変わった時子供ができること

子供にはいろいろあります。小学生未満を指すこともありますし、小学生以下を指すこともあります。交通機関の料金は小学生以下かどうかです。その他義務教育が終わる15歳であったり、女性が結婚できる16歳があります。16歳はバイクの運転免許も取得できます。18歳は高校を卒業したり、男性が結婚できる年齢です。そして20歳があります。大まかには20歳未満は未成年で、20歳以上は成人とされています。その区分が多いかもしれません。

子供が小学生の時に親が離婚をしました。現在はお母さんと一緒に住んでいます。自分自身はそのまま以前の苗字を使っていました。お母さんも使っていると思ったのですが、少し様子が変です。ある郵便物を見ると、お母さんは結婚する前の姓で届いていました。でも自分自身には以前の姓がそのまま使われています。それをお母さんに聞くと、戸籍について教えてくれました。戸籍などはお父さんの方に入っているから姓も変わらないとのことでした。

今は15歳なのですが、この歳になると自分でできることがあります。それは入籍届の届出人になることができるのです。こちらは15歳未満の場合は自分で行うことができませんが、15歳を境にできるようになります。できるのですが、ただ出せばいいわけではありません。家庭裁判所の許可などを必要とすることがあります。でもこの先も続くことですし、高校に入学してから変更するのもややこしいので、これを機会にお母さんの戸籍に入籍することにしました。

管理人のオススメサイトをご紹介します

Copyright 2017 お互いの意見を尊重する調停離婚 All Rights Reserved.